2018年ソフト売上データ2017年ソフト売上データ2016年ソフト売上データ2015年ソフト売上データ2014年ソフト売上データ

2013年ソフト売上データ2012年ソフト売上データ2011年ソフト売上データハード売上データハード売上データ(歴代)
経営データグラフ置き場ダウンロード売上有力ソフト発売スケジュールサイトマップ
 


 
 

定点観測のひとこと

【18年10月13日】

SWITCHのスーパーマリオパーティが発売となりましたが、

12万6千本を売り上げ年間25位にランクインしました。ロングセラーが期待されるシリーズですが、

Wii U版の累計24万1千本は超えそうなスタートとなっています。

 

【18年10月06日】

多くの新作が発売された今週ですが、無双OROCHI3が2機種合算で13万4千本、

英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-も9万7千本を記録するなどPS4のソフトに勢いがありました。

無双OROCHI2は39万5千本の売上まで行きましたが、迫れるかどうか注目です。

 

【18年09月29日】

大きな新作が無くMarvel’s Spider-Manなどが引き続き販売本数を伸ばしました。

累計では星のカービィ スターアライズが60万本、

太鼓の達人とキングダム ハーツ -HD 1.5+2.5 リミックス-が20万本を突破しています。

 

【18年09月22日】

いくつかの新作が発売ましたが、その中ではシャドウ オブ ザ トゥームレイダーの

3万4千本が最高の売上でした。Marvel’s Spider-Manは累計20万を突破、

年間11位までランクアップしておりまだまだ本数を伸ばしそうな勢いです。

 

【18年09月15日】

新作がいくつか発売された中、PS4期待のMarvel’s Spider-Manが発売となり13万2千本を販売、

年間21位にランクインしました。ハードではPS4が累計700万台を突破しています。

販売ペースとしてはPS3の累計1027万台をやや上回る数字です。

 

【18年09月08日】

PS4のウイニングイレブン2019が発売となり7万2千本を販売しました。

前作の累計(16万7千本)にどこまで近づけるか注目されます。

ハードではSWITCHが累計500万台を突破、さらにPS4が699万台で次週700万台突破の見込みとなっています。

 

【18年09月01日】

大きな新作はありませんでしたがPS4のConan Outcastsが3万2千本を販売し、年間75位となっています。

SWITCH版Minecraftは順調に売上を伸ばし、年間9位まで上がってきました。

太鼓の達人も好調を維持しTOP10を伺っています。

 

【18年08月24日】

新作が無く定番タイトルが本数を伸ばす週となりましたが、マリオカート8 デラックスが累計170万本、

マリオテニス エースが30万本、Minecraftが20万本を突破しています。

ハードではPS4が販売台数を伸ばし、久しぶりに週販2万台を超えました。

 

【18年08月18日】

盆休み商戦でしたが大きな新作は無く、龍が如く3の2万2千本(101位)が最高の売上でした。

SWITCHの既存タイトルは引き続き販売本数を伸ばし、

機種別年間販売本数ではPS4に26万本の差をつける状況になっています。

 

【18年08月10日】

3DSの世界樹の迷宮Xが発売され5万8千本で年間45位の初登場となりました。

2016年発売の前作(累計11万3千本)にどこまで迫れるか注目です。

2018年機種別販売本数ではSWITCHがPS4を抜き、トップの本数となりました。

 

【18年08月04日】

マルチタイトルが何本か発売され、ロックマン関連が多くランクインしました。

SWITCHは相変わらず勢いを持続し、累計販売本数でスプラトゥーン2が250万本を突破、

機種別販売本数でもSWITCHとPS4がほぼ同数で並ぶところまできています。

 

【18年07月28日】

太鼓の達人 Nintendo Switchば〜じょん!が発売となり、

6万6千本を販売し年間38位にランクインしました。近作ではPS4版が累計7万9千本、

3DS版が14万9千本の売上を記録していますが、ここからの推移に関心が集まります。

 

【18年07月21日】

SWITCHの完全新作RPG・OCTOPATH TRAVELERが発売となりましたが、

10万9千本を販売し年間21位にランクインしました。ここからどこまで売上を伸ばすか注目されます。

年間ランキングでは2018年上半期ランキングのデータも反映しました。

 

【18年07月14日】

PS4・Vitaのザンキゼロが発売となりましたが、2機種合計で2万3千本、

PS4版が年間86位にランクインとなりました。一方でSWITCHのマリオテニス エースは

販売本数をさらに伸ばし、累計20万本を突破、年間9位まで上昇しています。

 

【18年07月07日】

先週に続きSWITCHのマリオテニス エースやMinecraftが販売本数を伸ばし、

年間ランキングの上位をうかがいそうな状況です。

また、累計本数ではスプラトゥーン2が240万本、1-2-Switchが40万本を突破し、

SWITCH関連ソフトの多くが勢いを持続させています 。

 

【18年06月29日】

SWITCHのマリオテニス エースが発売となり、12万2千本の販売で年間17位となりました。

Wii U版ウルトラスマッシュの累計15万4千本は超えそうな勢いです。

SWITCHのソフトシェアも40%を突破し、PS4(46.9%)と拮抗した状況となってきました 。

 

【18年06月23日】

大きな新作がありませんでしたが、年間ランキングの上位タイトルは引き続き売上を伸ばしています。

ドンキーコング トロピカルフリーズは年間10位までランクアップし、

年間トップ10のうち7本が任天堂、1本がポケモンという状況になりました。

 

【18年06月16日】

Fate/EXTELLA LINKが発売され、2機種合算で12万9千本の販売を記録しました。

2016年の前作(初週15万6千本)に比べると、やや本数を落としています。

歴代ハードの売上ではPS Vitaが累計575万台となり、セガサターンと並びました。

 

【18年06月09日】

先週に続き新作が多く発売されましたが、目立ったタイトルが無く

年間ランキングの上位タイトルが本数を伸ばしています。スプラトゥーン2とマリオカート8は

それぞれ1万7千、1万1千本の売上を記録しており、勢いがまだまだ続きそうです。

 

【18年06月02日】

PS4の新作が多く発売されましたが、DARK SOULS REMASTEREDが7万7千本で

年間28位にランクインしました。原作であるPS3版は2012年までに36万8千本の売上を記録しています。

また、SWITCH版のマリオカート8は累計150万本を突破しました。

 

【18年05月26日】

新作が少なく、カリギュラ オーバードーズが1万8千本(年間62位)が最高売上となりました。

ソフト累計では星のカービィが10週目で50万本を突破しています。

また、年間のメーカー別売上では任天堂+ポケモンが全体の41%と圧倒的なシェアとなっています。

 

【18年05月19日】

新作が無く全体的に販売本数が減少しましたが、実況パワフルプロ野球2018は着実に本数を伸ばし、

3週目で26万8千本と前作2016の27万4千本(3週目)に近い数字をキープしています。

ソフトのトータルでもPS4の年間ソフト販売本数が400万本を突破しました。

 

【18年05月12日】

新作が1本のみでしたが、SWITCH版ドンキーコング トロピカルフリーズが9万6千本を売り上げ、

年間18位にランクインしています。2014年のWiiU版累計11万8千本にせまるスタートとなっています。

ハードの方も黄金週間の伸びで全ての機種が増加しています。

 

【18年05月05日】

多くの新作が発売されましたが、実況パワフルプロ野球2018が2機種合計19万1千本を売り上げました。

本数としては前作2016の初週18万8千本(累計41万5千本)と同等のスタートです。

ハードでもPS4とVitaが前週に比べ回復傾向を見せています。

 

【18年04月28日】

注目のNintendo Labo 2種が発売され、合計で12万本を売り上げています。

ここからどのような販売推移をたどるのか気になるところです。

その他ではSWITCH版ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドが発売から約1年で累計90万本まで達しました。

 

【18年04月21日】

SWITCH版スナックワールド トレジャラーズ ゴールドが発売され、

3万6千本を売り上げ年間33位にランクインしました。

スプラトゥーン2は累計220万本を突破し、勢いが続いています。

大きな新作は無く、どのハードの売上も減少気味となっています。

 

【18年04月14日】

新作のランクインが無く大人しい週となりましたが、

星のカービィ スターアライズが引き続き本数を伸ばし、累計40万本を突破しました。

ハードでもPS4の減少が続き、年間販売台数でPS4とSWITCHがほぼ同数で並んでいます。

 

【18年04月06日】

年度末商戦最後の新作がいくつか登場しましたが、

スーパーロボット大戦Xが2機種合計13万9千本を売り上げました。

前作Vの初週18万本(累計24万本)から比べると数字を落としていますが、次週以降どうなるでしょうか。

 

【18年03月31日】

期待の新作がいくつか登場しましたが、ニノ国IIの5万1千本・年間19位が最高でした。

星のカービィは販売本数を伸ばし2週目で年間3位までランクアップ、

ハードでもSWITCHが累計400万台を突破し、勢いを見せています。

 

【18年03月24日】

多くの新作が登場しましたが、星のカービィ スターアライズが22万3千本を売り上げて

年間5位となりました。3DSで発売されたロボボプラネット(累計56万2千本)や

トリプルデラックス(累計81万5千本)にどこまで迫ることが出来るか注目です。

 

【18年03月17日】

多くの新作が登場した中、PS4の北斗が如くが12万7千本を売り上げて年間11位に

ランクインしました。2017年発売の龍が如く 極2(累計19万2千本)と同程度の出足となっていますが、

どこまで伸ばしてくるでしょうか。

 

【18年03月10日】

SWITCHのドラゴンクエストビルダーズが発売されましたが、2万8千本の販売で年間26位、

今年発売のSWITCHソフトの中では2番目の売上となりました。

ハードでもSWITCHが4万3千台と安定した売上を続け、年間9週で48万台まで伸ばしています。

 

【18年03月03日】

PS4の期待ソフトがいくつか発売されましたが、

ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチが3万9千本で年間18位にランクインしました。

その他ではSWITCHのソフトが引き続きロングセラーとなっており、まだまだ本数を伸ばしそうな勢いです。

 

【18年02月24日】

多くのソフトが発売されましたが、PS4の聖剣伝説2 シークレット オブ マナが

2万8千本で年間21位にランクインしたのが最高です。モンスターハンター:ワールドは

4週目で8万5千本を販売し、年間ランキングのトップを独走しています。

 

【18年02月17日】

PS4の真・三國無双8が発売され、12万5千本を販売し年間8位にランクインしました。

前作・三國無双7の累計売上(35万9千本)からするとやや少ない数字となっています。

ハードではPS4が引き続き好調を維持し、年間50万台を突破しました。

 

【18年02月10日】

PS4のモンスターハンター:ワールドが引き続き販売本数をのばし、

累計157万本に達しました。昨年の3DS版ダブルクロス(168万本)は射程圏内にある勢いですが、

4Gの売上本数(257万本)までいくかどうかは3週目以降の数字に懸かってきます。

 

【18年02月03日】

今週はPS4のモンスターハンター:ワールドが発売され、

初週で135万本ランキングを売り上げ、堂々年間1位にランクインしました。

PS4版ドラクエ11の累計を1週で超え、PS4ソフトとしては過去最高売上となっています。

 

【18年01月27日】

SWITCHのマリオ+ラビッツが発売され、年間7位となる8万6千本を販売しました。

ここまで18年ランキングは任天堂関連ソフトが席巻していますが、

来週はPS4のモンスターハンターが登場することもあり、ランキング勢力図が一変するかもしれません。

 

【18年01月20日】

新作は2本のみでしたが、ディシディア ファイナルファンタジーNTが

11万本を売り上げて年間4位に初登場しています。ハードではPS4が累計600万台に到達し、

歴代ハードのランキングでも12位という位置につけています。

 

【18年01月13日】

2018年最初のランキングが発表され、新作はありませんでしたが

昨年に続き任天堂関連のソフトが多数ランクインしています。メーカー別シェアでは任天堂が68%、

機種別シェアはSWITCHが61%と他を大きく引き離してのスタートとなりました。

 

【18年01月06日】

2017年最終週の集計を加えた今週は任天堂系のソフトが引き続き販売数を伸ばし、

年間1位のポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーンが200万本を突破しました。

ハードではSWITCHが340万台を超え、Wii Uの累計販売台数を抜きました。

 

【17年12月29日】

大きなタイトルの発売がありませんでしたが、年末商戦で販売本数を大きく伸ばしています。

スプラトゥーン2が3位にアップ、マリオカート8が100万本を突破しました。

メーカー別では任天堂+ポケモンのシェアが40%を超えてきました。

 

【17年12月23日】

妖怪ウォッチバスターズ2が発売され、21万6千本を販売し年間20位にランクインしました。

ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーンはドラゴンクエスト11を抜き、年間1位に上がりました。

前年に続き2年連続でポケモンタイトルが年間トップとなっています。

 

【17年12月16日】

龍が如く 極2と地球防衛軍5が発売され、それぞれ12万7千本、12万6千本を販売し

年間39位と40位にランクインしました。

ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーンも数字をさらに伸ばし、

年間2位までランクアップし、1位を射程にとらえています。

 

【17年12月09日】

SWITCH期待の新作・ゼノブレイド2が発売され、9万7千本を販売し年間54位にランクインしました。

SWITCH全体のソフト累計販売本数も500万本を超えてきました。

ハードでもSWITCHが週販15万台と数字を伸ばし、累計250万台を突破しています。

 

【17年12月02日】

大きな新作がなく、3DSのポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーンが引き続き販売本数を伸ばし、

年間3位まで順位を上げています。ハードではSWITCHが週販13万3千台と大きく数字を上げ、

今年の残り4週でどこまで台数を増加させるか注目です。

 

【17年11月25日】

3DSのポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーンが発売され、

119万9千本を売り上げて初週でいきなり年間5位にランクインしました。

年間で100万本以上タイトルが5本生まれたのは2014年以来となっています。

 

【17年11月17日】

多くの新作が発売されましたが販売本数は振るわず、先週に続き

コール オブ デューティ ワールドウォーIIとスーパーマリオ オデッセイが売上を伸ばしています。

ハードではXbox One Xが発売され、1千6百台を売り上げてXbox Oneの累計が8万台を超えました。

 

【17年11月10日】

コール オブ デューティ ワールドウォーIIが発売となり、17万本を販売し

年間25位にランクインしています。SWITCHのスーパーマリオ オデッセイは12万5千本、

スプラトゥーン2は2万1千本を売り上げ、それぞれ6位と3位までランクアップしています。

 

【17年11月03日】

SWITCHのスーパーマリオ オデッセイが発売され、51万1千本を売り上げて

初週で年間8位にランクインしました。ここから年末に向けて、さらに数字を伸ばすことが予想されます。

ハードでもSWITCHが13万3千台を販売し、累計が200万台を突破しています。

 

【17年10月27日】

今週はPS4のグランツーリスモSPORTSが発売され、13万9千本を売り上げて

年間29位にランクインしました。SWITCHではマリオカート8 デラックスが

ロングセールスを記録し累計70万本に、ハード累計も190万台を突破しています。

 

【17年10月21日】

大きな新作が無く、シャドウ・オブ・ウォーが2万3千本で125位にランクインしたのが最高でした。

スプラトゥーン2は発売13週目ですが勢いが衰えず、

今週も1万8千本を売り上げて年間3位を射程にとらえています。

 

【17年10月14日】

大きな新作が無く、マリオ&ルイージRPG1 DXが2万8千本の売り上げで

103位にランクインしたのが最高です。ドラゴンクエスト11は合算で303万4千本まで伸ばしましたが、

販売数が大分落ち着いてきた印象です。

 

【17年10月07日】

新作が11本登場する中、英雄伝説 閃の軌跡IIIが10万4千本を売り上げ43位にランクインしました。

またFIFA 18は合算で7万2千本となり、ウイニングイレブン 2018をやや下回っています。

 

【17年09月29日】

多数の新作の中で、ポケットモンスター 金・銀がダウンロードカードのみで5万6千本を売り上げました。

同じポケモンタイトルのポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DXは5万1千本の出足です。

ハードではWiiU、Xbox Oneがそれぞれ73台、26台と過去最低を記録しています。

 

【17年09月23日】

多数の新作が発売され、ウイニングイレブン 2018が合算で8万1千本を売り上げました。

この後発売されるFIFA 18との売上比較が注目されます。

累計ではドラゴンクエスト11の2機種合計が300万本を突破しました。

 

【17年09月16日】

新作ではDestiny 2が5万1千本の売上で年間64位にランクインしました。

累計ではドラゴンクエスト11の2機種合計が298万3千本となり、300万本目前となっています。

 

【17年09月09日】

多くの新作が発売されNew みんなのGOLFが10万本、世界樹と不思議のダンジョン2が3万4千本の売上で

それぞれ年間41位、82位にランクインしています。

累計では3DS版ドラゴンクエスト11がモンスターハンターダブルクロスを抜き年間1位に上がりました。

 

【17年09月02日】

モンスターハンターダブルクロスのSWITCH版が発売され、

9万4千本の売上で42位にランクインしました。モンスターハンターとしてはやや少ない出足ですが、

どこまでのばせるでしょうか。ハードではSWITCHが累計150万台を突破しています。

 

【17年08月26日】

今週は新作が少ないなか、発売4週目のドラゴンクエスト11が

合算で15万4千本とさらに売り上げを伸ばしています。

また、スプラトゥーン2はSWITCHのソフトとして初の累計100万本突破となりました。

 

【17年08月19日】

ドラゴンクエスト11が売り上げを伸ばし、2機種合計の累計は269万5千本となりました。

また、MinecraftのVita Editionは累計100万本を突破し、

Vitaのソフトとしては初のミリオン達成となっています。

ハードではSWITCHが引き続き好調を維持しています。

 

【17年08月10日】

ドラゴンクエスト11が引き続き好調で2機種合計42万6千本を売り上げ、

累計では3DS版、PS4版共に100万本を超えました。

3DS版は次週以降で年間1位を狙う勢いとなっています。

 

【17年08月05日】

今週はたくさんの新作が発売されましたが、ドラゴンクエスト11の3DS版が113万本、

PS4版が95万本という大きな販売本数を記録し、年間2位と3位に登場しました。

ここからの販売本数に注目が集まります。ハードではPS4が累計500万台を突破しました。

 

【17年07月29日】

スプラトゥーン2が発売され、67万本を売り上げて初週で年間2位にランクインしました。

ハードでもスイッチが同梱版発売で10万2千台と大きく伸ばしています。

また、上半期ソフト売上ランキングを反映しました。

 

【17年07月22日】

ファイナルファンタジーXIIが9万8千本を売り上げて年間33位、

Hey! ピクミンが7万9千本で40位にランクインしました。

ハードではNewニンテンドー2DS LLが発売となり、3DS合計が4万8千台と大きく伸ばしています。

 

【17年07月15日】

新作が3本登場し、GUNDAM VERSUSが12万1千本を売り上げて年間20位にランクインしています。

1-2-Switchは累計20万本を突破しました。

来週以降は大作ラッシュが予定されているのでランキングの変動に注目です。

 

【17年07月08日】

新作が9本登場しましたが、ラジアントヒストリアが2万1千本で70位にランクインしています。

約6ヶ月のランクインソフト合計売上本数は1033万本となりました。

ハード週販ではPS4が2万8千台と徐々に増加しています。

 

【17年07月01日】

新作が8本登場しましたが、アライアンス・アライブの2万9千本で59位が最高となりました。

マリオカート8は累計50万本を突破しましたがまだまだ伸びそうです。

ハードではSWITCHが発売17週目で累計100万台を突破しました。

 

【17年06月25日】

SWITCHの新規タイトル・ARMSが発売となり、12万2千本を売り上げ年間19位にランクインしました。

ハードでもSWITCHが台数を伸ばし、累計100万台に王手のところまで来ています。

 

【17年06月17日】

新作が少ない中、マリオカート8が1万4千本を売り上げて順調に数字を伸ばしています。

ニーア オートマタは累計30万本を突破しました。

ハードでは3DSが数字を落としていますが、7月に発売される2DS LLの影響が大きいかもしれません。

 

【17年06月10日】

新作として鉄拳7と聖剣伝説コレクションが発売され、

それぞれ年間43位、57位にランクインしました。

ハードではスイッチが累計90万台を突破しましたが、週販の方はPS4と僅差になってきました。

 

【17年06月03日】

新作が8本ランキングに登場しましたが、イースVIIIの3万本(55位)が最高と

少々物足りない結果となりました。モンスターハンター ダブルクロスは累計160万本を突破、

マリオカート8は年間3位までランクアップしています。

 

【17年05月27日】

大きな新作が無いなか、マリオカート8 デラックスが2万4千本を販売し累計40万本を突破しました。

モンスターハンター ダブルクロスは発売10週目で週販1万本以上の売上を記録し、なんとか粘っています。

 

【17年05月20日】

連休明けで売上が少ないなか、マリオカート8 デラックスが3万本を販売し

累計40万本に迫っています。実況パワフルプロ野球2016はアップデートにより

ランキングに再登場しました。ハードでもNINTENDO SWITCHが初めて週販2万5千台まで落ちています。

 

【17年05月13日】

新作が無くマリオカート8 デラックスが8万6千本を販売し、年間5位まで順位を上げました。

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドは合算で50万本を超えました。

ハードでもSWITCHが累計80万台を突破し、年間販売台数の1位となっています。

 

【17年05月05日】

マリオカート8 デラックスが28万本を販売し、年間6位にランクインしました。

SWITCHソフトの中ではゼルダを上回る最高のスタートを切りました。

ハードでもSWITCHが7万4千台と先週から大きく台数を伸ばしています。

 

【17年04月29日】

久々の新作が6本登場し、ファイアーエムブレム Echoseが13万3千本を販売し

年間15位にランクインしました。累計ではモンスターハンターダブルクロスが150万本、

マリオカート7が270万本を突破しました。

 

【17年04月22日】

新作が少ない中、モンスターハンターダブルクロスが販売本数を伸ばし、

5週目で3万9千本の販売を記録しています。妖怪ウォッチ3 スキヤキは累計70万本を突破しました。

ハードではSWITCHが7週目で4万2千台という高水準をキープしています

 

【17年04月15日】

新作が少ない中、モンスターハンターダブルクロスが販売本数を伸ばし、

4週目で累計145万7千本としました。ファイナルファンタジーXVは累計で96万8千本まで到達しています。

ハードではニンテンドースイッチが好調を維持しています

 

【17年04月08日】

モンスターハンターダブルクロスが3週目で12万1千本を販売し、累計139万本としました。

ゼルダの伝説は2種合計で40万本を超えました。

メーカー別では任天堂とカプコンがほぼ同じ販売本数で並んでいます。

 

 

【17年03月30日】

新作が少ないなかモンスターハンターダブルクロスが販売本数を伸ばし、累計127万本としました。

SWITCHは4週目でハード、ソフト共に増加し累計でハード52万4千台、ソフトが59万2千本になりました。

メーカー別ではカプコンがさらに販売本数を伸ばしています。

 

【17年03月25日】

モンスターハンターダブルクロスが発売され、101万4千本を売り上げ初週で年間1位にランクインしました。

280万本を超えている前作にどこまで近づけるか注目です。

メーカー別ランキングではカプコンが2位まで一気に順位を上げてきました。

 

【17年03月18日】

ゴーストリコンが9万4千本を売り上げ、年間20位にランクインしています。

ニンテンドー スイッチの2週目はハードが6万3千台と大きく数字を落としました。

スイッチソフトの販売本数合計は45万4千本となっています。

 

【17年03月11日】

注目のニンテンドー スイッチが発売され、ハードは33万台、

ソフトではゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドが19万3千本の売り上げで年間6位となりました。

スイッチソフト7本の販売本数は36万3千本となっています。

 

【17年03月04日】

PS4のニーア オートマタが18万2千本を売り上げて年間5位にランクインしました。

スーパーロボット大戦Vは2機種合計で18万本のスタートです。

累計ではバイオハザード7が30万本を突破しています。

 

【17年02月25日】

PS4のフォーオナーが4万1千本を売り上げて年間25位にランクインしました。

仁王とGRAVITY DAZE 2は累計10万本を突破しています。

また、2017年初のPS3ランクインソフト・三國志13 with パワーアップキットが62位に入りました。

 

【17年02月18日】

3DSのドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3が11万5千本、

PS4の仁王が8万9千本を売り上げてそれぞれ年間7位と12位にランクインしました。

バイオハザード7は累計28万7千本まで伸ばし、もうすぐ30万本を超えてきそうです。

 

【17年02月11日】

新作が少ない週となりましたが、バイオハザード7が4万2千本を販売し、

累計27万3千本としました。3DSのパズドラクロスが30万本、

実況パワフルプロ野球ヒーローズは累計10万本を超えてきました。

 

【17年02月04日】

バイオハザード7が発売され、PS4版が23万1千本を売り上げて年間4位にランクインしました。

前作より大きく数字を落としましたが、ここからどこまで伸ばすか注目です。

ハードでは3DSとPS4が年間30万台を超えています。

 

【17年01月28日】

新作が多く発売されましたが、PS4のGRAVITY DAZE2が6万9千本を売り上げ年間8位に

ランクインしました。妖怪ウォッチ3 スキヤキは60万本を突破し、まだ伸びそうな勢いです。

 

【17年01月21日】

今週は2017年初めての新作が登場し、キングダムハーツが13万3千本で年間4位、

ニューダンガンロンパが2機種13万2千本で6位と10位にランクインしています。

累計では3DSのスーパーマリオメーカーが100万本、星のカービィが50万本を突破しました。

 

【17年01月14日】

2017年のランキングは2週目まで新作が無く、2016年以前のソフトで構成されています。

3DSのポケットモンスターサン・ムーンとスーパーマリオメーカーが週販10万本を超える

売上を続けています。ハードでは3DSとPS4が引き続き好調です。

 

【17年01月07日】

2017年最初のランキングは1週分の集計となり、新作の発売は無く

ポケットモンスターサン・ムーンが引き続き1位となっています。

年末年始の売上ということもあり、ソフトでは3DSが全体の約8割を販売しています。

 

【16年12月29日】

年末商戦ピーク週の集計が加算され、ポケットモンスターサン・ムーンが300万本を超えてきました。

3DSのスーパーマリオメーカーも週販31万5千本を記録し、年間4位までアップしました。

ハードでは3DSが年間最高販売台数である22万9千台を売り上げています。

 

【16年12月23日】

3DSの妖怪ウォッチ スキヤキが発売され、33万3千本を売り上げ年間12位にランクインしました。

ポケットモンスターサン・ムーンは今週も18万8千本と好調をキープし、累計292万3千本としています。

ファイナルファンタジーXVは3週目で累計80万本を突破しました。

 

【16年12月17日】

今週は7本の新作が発売され、龍が如く6が20万1千本を売り上げ年間26位にランクインしました。

ポケットモンスターサン・ムーンは4週目で18万1千本と勢いを維持し、累計273万4千本としています。

ハードではPS4が9万8千台の販売で年間売上160万台を突破しました。

 

【16年12月10日】

ファイナルファンタジーXVが発売され、2機種合計で71万9千本を販売しました。
PS4版は年間3位にランクインし、この後100万本まで届くか注目です。

ハードではPS4が大きく販売台数を伸ばし11万6千台を売り上げました。

 

【16年12月3日】

多くの新作が発売されましたが、ポケットモンスター サン・ムーンが42万2千本を売り上げ、

累計230万本を突破しました。SDガンダム ジージェネレーションは合計で15万9千本の販売です。

ハードでは3DSが6万8千台と引き続き好調をキープしています。

 

【16年11月26日】

3DSのポケットモンスター サン・ムーンが発売となり、発売3日間の集計で190万5千本を売り上げ、

妖怪ウォッチ3を抜き年間トップとなりました。今年2本目のミリオン達成ソフトとなります。

また、メーカー別でもポケモンが12位から3位まで一気に順位を上げています。

 

【16年11月19日】

Fate/EXTELLAが発売され、2機種合計で15万6千本を売り上げました。
累計では妖怪ウォッチ3が130万本、VitaのMinecraftが80万本を突破しています。
ハードではPS4 Proが発売となりPS4と合わせて9万3千台を売り上げました。

 

【16年11月10日】
コールオブデューティの新作が発売され、10万本を売り上げて年間53位にランクインしています。
バトルフィールド1は2万2千本の販売で、累計18万8千本としています。
ハードではXbox oneの累計販売台数が7万台を突破しました。

【16年11月03日】
ソードアート・オンラインとワールド オブ ファイナルファンタジーが発売され、
それぞれ2機種合計で14万本、10万7千本を販売しました。
両タイトルともPS4版とVita版が近い数字となっています。

【16年10月29日】
バトルフィールド1が初登場11万6千本を販売し、年間38位にランクインしています。
3DSのマリオパーティは3万7千本の売り上げで、ここからどれだけ伸ばせるかに注目です。
ハードでは3DSとPS4が引き続き3万台弱の販売台数で接戦が続いています。

【16年10月22日】
モンスターハンター ストーリーズは2週目で6万本を販売し、累計21万5千本としました。
ハードではPS VRが発売となり、PS4本体自体の大きな増加はありませんでしたが
累計販売台数でWii Uを抜き、3DS、PS Vitaに次いで3番目の台数となりました。

【16年10月15日】
モンスターハンター ストーリーズが発売され、15万4千本の販売で年間27位に

ランクインしています。モンスターハンターのシリーズとしてはやや少ない出足です。

ハードではPS4の累計がWii Uにほぼ並び、来週に追い抜きがありそうです。


【16年10月08日】
新作のFIFA17が2機種合計で6万4千本を売り上げ、ウイイレ2017の11万8千本に迫っています。
VitaのMinecraftはジワジワ売れ続け年間30万本を超えてきました。
ハード販売ではPS4が好調をキープし、累計でWii Uに追いつきそうです。

【16年10月01日】
ペルソナ5の2週目は2機種合計で5万5千本を販売し累計で約40万本としました。
ハードではニンテンドー3DSが累計2100万台を突破。
好調のPS4は4万8千台を売り上げ、年間累計が100万台を超えました。

【16年09月22日】
ペルソナ5のPS4版が初登場26万8千本で年間11位にランクインしました。
2機種合計でも34万4千本と好調なスタートです。
また軽量薄型PS4本体も発売され、9万6千台と大きく販売数を伸ばしています。

【16年09月17日】
3DSの妖怪ウォッチ3は9週目で週販3万本をキープし、累計を115万本まで伸ばしました。
Splatoonはジワジワ売れ続け累計140万本を突破、
テイルズオブベルセリアは2機種合計で30万本を超えました。

【16年09月10日】
夏休み最終週で妖怪ウォッチ3が3万6千本を販売して累計110万本を突破、
星のカービィがロングセールスを記録し40万本を超えました。
新作が少なくソフト、ハードともにランキングの変動が少なくなっています。

【16年09月03日】
新作が12本ランクインしましたが、キングオブファイターズの2万3千本が最高です。
テイルズ オブ ベルセリアは2機種合計で27万本を超えました。 
ハード週販ではXbox oneがまた過去最低を更新する31台となっています。

【16年08月27日】
妖怪ウォッチ3が6週目で100万本の販売を達成しました。今年初めてのミリオン突破ソフトになります。
新作ではPS4のテイルズ オブ ベルセリアが16万本を売り上げ23位にランクインしました。
また、ハード累計ではPS Vitaが500万台、PS4が300万台を突破しています。

【16年08月20日】
妖怪ウォッチ3が5週目で9万7千本を販売し100万本到達まであと少しとなりました。
3DSが引き続き今週も好調をキープし、ハードは3万1千台を売り上げています。
また、ハードではPS Vitaが500万台、PS4が300万台目前となっています。

【16年08月10日】
3DSで世界樹の迷宮V、ドラゴンボールフュージョンズが発売され
それぞれ8万本以上の販売を記録しました。ポケモンの効果もあり、
3DS本体は1月以来2万7千台の水準まで増加しています。

【16年08月06日】
今週は新作が多数ランクインし、3DSのパズドラクロスが10万本を販売し

年間39位にランクインしましたが、やや低調な出足です。
また、ハードではXbox oneが過去最低を更新する39台となりました。


【16年07月30日】
3DSの妖怪ウォッチ3が2週目で14万7千本を販売し年間1位に上がりました。
新作ではイースVIIIが4万7千本を売り上げ、年間77位にランクインしています。
また、上半期TOP100のデータも反映させました。

【16年07月23日】
妖怪ウォッチ3が発売され、初週で58万1千本を販売し年間2位にランクインしています。
前作よりも本数を落としていますが、2016年初の100万本突破も視界にとらえました。
メーカー別でもレベルファイブが本数をのばし3位まで上がってきています。

【16年07月16日】
今週は3DSの新作カルドセプト リボルトが3万本を販売したのが最大です。
Splatoonは本体セットが発売され1万4千本を販売し年間30万本にも到達しそうです。
Wii U本体も久々に1万台を超えました。

【16年07月09日】
スーパーロボット大戦OGが発売され2機種合計10万5千本を販売しました。
約4割がPS3と旧機種の割合が比較的高くなっています。また、メーカー別では
任天堂がスクエニを僅差で抜き返して首位となっています。

【16年07月02日】
3DSの牧場物語が発売し約11万本を販売しました。WiiUマリオ&ソニックは
約2万本のスタートですが、3DS版も4万4千本スタートでしたので今後に期待です。
また、ポケモンのオメガルビー・アルファサファイアは累計300万本を突破しています。


【16年06月25日】
大作の発売がなく、3DSの太鼓の達人が4万本を販売したのが
最大となっており動きの少ないランキングとなりました。
機種別では3DSソフトが400万本を突破しましたが例年に比べると遅い推移です。

【16年06月18日】
3DSの逆転裁判6が発売。19万7千本を販売し、年間12位となりました。
それ以外のPS4新作はいずれも1万本を下回り少し元気のない出足となっています。
また、Xbox One本体の週販は過去最低を更新し46台に落ち込んでいます。

【16年06月11日】
オープンしたばかりなのですがサイトデザインのリニューアルをしました。
今後も変更等あるかもしれませんが、読みやすく面白いページを作っていきたいと思いますので
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

2018年ソフト売上
2018年ソフト売上ランキング
メーカー別ランキング
機種別ランキング

 

2017年ソフト売上
2017年ソフト売上ランキング
メーカー別ランキング
機種別ランキング

 

2016年ソフト売上
2016年ソフト売上ランキング
メーカー別ランキング
機種別ランキング


2015年ソフト売上
2015年ソフト売上ランキング
メーカー別ランキング
機種別ランキング

2014年ソフト売上
2014年ソフト売上ランキング
メーカー別ランキング
機種別ランキング

 

2013年ソフト売上
2013年ソフト売上ランキング
メーカー別ランキング
機種別ランキング

 

2012年ソフト売上
2012年ソフト売上ランキング
メーカー別ランキング
機種別ランキング


2011年ソフト売上
2011年ソフト売上ランキング
メーカー別ランキング
機種別ランキング

ハード売上
2011〜2018年ハード売上データ

2016年詳細データ

2017年詳細データ

 

ハード売上(歴代)
ハード売上データ(歴代)

 

経営データ
任天堂
ソニー
マイクロソフト
カプコン
スクウェア・エニックス
バンダイナムコ
コナミ
コーエーテクモ
セガサミー

グラフ置き場
ハード累計販売台数の推移
20万本以上のソフト本数
任天堂 vs SONY 販売本数

年別ハード・ソフトシェア

 

ダウンロード売上
2018年ダウンロード売上データ

2017年ダウンロード売上データ


有力ソフト発売スケジュール
有力ソフト発売スケジュール

 

サイトマップ
サイトマップ

twitter




ゲーム売上定点観測はリンクフリーです。データベース系サイトへの転載はご遠慮ください。
当サイトに関する問合せ・ご意見等はこちら(teiten303132@gmail.com)へお願いいたします ©2016 ゲーム売上定点観測